HOME >  当会のスーパーバイザー

 

親心を育む会の指導者「松居和氏」の紹介

Profile

1954年、東京生まれ。慶応大学哲学科からカリフォルニア州(UCLA)民族芸術科に編入、卒業。尺八奏者としてジョージ・ルーカス制作の「ウィロー」、スピルバーグ監督の「太陽の帝国」をはじめ多数のアメリカ映画に参加。1998年、アメリカにおける学校教育の危機、家庭崩壊の現状を報告したビデオ「今、アメリカで」を制作。

現在は、日本で「先進国社会における家庭崩壊」「保育者の役割」に関する講演を教育関係者、父母対象に行い、欧米の後を追う日本の状況に警笛をならしている。NHK「すくすくあかちゃん」、静岡テレビ制作「テレビ寺子屋」、TBS「報道特集」などに出演。2001年、文芸春秋三月号に「アメリカの学校教育に見習うな」を執筆。2004年版文芸春秋社「日本の論点」に「子育ての社会化は破壊の論理」を執筆。2006年、埼玉県教育委員会委員に就任。2008年制作・監督の「シスターチャンドラとシャクティの踊り手たち」が、第41回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭、ドキュメンタリー映画部門金賞受賞。さらにイングランド国際映画祭招待作品に選ばれる。

 

松居和著書

「一日保育士体験」について書かれている書籍

 

「なぜ、わたしたちは0歳児を授かるのか」・親心の幸福論・【国書刊行会】

 

「家庭崩壊・学級崩壊・学校崩壊」 エイデル研究所
「子育てのゆくえ」 エイデル研究所
「21世紀の子育て」 エイデル研究所
「親心の喪失」 エイデル研究所


Copyright c 2008-2018 OYAGOKORO. All right reserved